シティガーデン ボンジョーノ(BONJONO)

メニュー

ボンジョーノの「真ん中」へようこそ

ボンジョーノのエリア全体を考えるとシティガーデンBONJONOは、街の「真ん中」といえるポジション。駅・公園・スーパーなどがほぼ等距離に位置し、一般公道からも潤沢な「緑邸」として認知される場所に存在感を示します。街並との調和は、そのポジショニングからスタートしたのです。

経年優化していくランドプラン

ボンジョーノの象徴的な景色となるのが北九州のシンボル「足立山」の雄大な姿。手つかずの緑の稜線から続くかの様に緑の景色を継承した住まい空間を囲う潤沢な自然を有するシティガーデンBONJONO。四季折々の木々や花々を配したランドプランは時とともに「経年優化」していき、住まう人達の成長とともに様々な景色を形成していきます。

◎4つのこだわり

経年優化していくランドプラン

目線があわない絶妙な配棟プラン

目線があわない絶妙な配棟プラン

3棟構成の配棟位置は、隣接建物との見合い防止を考慮して、街内への内観をそれぞれの棟が違った景色を創出するよう配慮することで、周囲に対してゆとりと開放感が生まれます。

住居と周辺と駐車場の関係性

スペースを多く取る駐車場の配置は重要なポイントでした。
駐車場が住居棟を囲むことで周辺への威圧感や敷地内の圧迫 感が生じてしまい、ゆとりある空間が創出できません。

緑邸街区の中心にさわやかな風を採り込む。

街内に良好な通風と採光を採り入れるために各所への 動線にも配慮して独立性を高めた配棟計画となりました。住まう人のコミュニティエリアや車寄せなどのセンターエリアに心地よさをもたらします。